会社を設立するにあたり、最初は自宅で開業し、軌道に乗ったら賃貸で別の場所にオフィスをかまえるという人も多いと思います。ですが、求人広告やホームページの会社概要に自宅の住所をのせることに抵抗がある人もいるでしょう。会社をおこすと、必要のない所からも飛び込みや電話で営業が来ることがり、結果的に自宅での作業がはかどらない場合があります。そんな時は、バーチャルオフィスがおすすめです。

初期費用をなるべく少なくして事業用の住所を利用することができるバーチャルオフィスでは、郵便物を受け取ったり、銀行口座を開設したりする際に伝えなければならない住所を得る事ができます。登記などもその住所で行えるため、プライバシーが守られます。また、自宅以外に住所があると、信用度もアップします。バーチャルオフィスのため、住所も自分で選択が可能なので、表参道や銀座など、都心の一等地の住所を選ぶ事も可能です。

会社として人が実際に目にする住所なので、こだわりのある人には重要なポイントです。一人で開業すると、電話対応など事務作業も増えますが、バーチャルオフィスのサービスとして転送電話のサービスがあったり、秘書代行のサービスをお願いできるオフィスもあります。実際に会ってお客様との打ち合わせが必要な時は、会議室や打ち合わせスペースを利用できる所もあるため、自分の状況や業種を見極めて、お願いするサービスや借りるバーチャルオフィスを決める事が大切になってきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です