都心にオフィスを借りる、と言えば一般にはオフィスビルなどの一室を賃借し、そこに事務所を構えるものというイメージがありますが、中には実際の執務スペースを借りるのではなく住所のみを借りることができるという、ユニークな物件もあります。バーチャルオフィスと呼ばれるサービスがこれに当たり、不動産は一切賃借しないことから極めて安い料金で利用できるという特徴があります。住所のみを借りるとは具体的にどういうことかというと、バーチャルオフィスを提供している事業者と契約を取り交わすことにより、その事業者が占有しているオフィスビルの一室などに看板を掲げてもらうことを指します。したがって、実際にはどこで事業を行っていたとしても対外的な所在地はその住所となるので、名刺や社用封筒などにその住所を刷り込んだり、公式ホームページに掲載したりすることができるようになります。

実際に郵便物等が届いた時は代理で受け取ってもらえるので、回送したもらったり都合のいい時に自ら回収したりすることができます。バーチャルオフィスは、オフィススペースは必要ないが住所のみが必要である、そんな事業者にとって非常に便利なサービスです。たとえば実際の仕事は自宅のパソコンで済ませられるが、事業者として社会的な信用を得るために自宅とは別の場所に所在地を構えたい場合などに利用すると、顧客などには都心にしっかりと事業拠点を置いているとアピールすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です