法人を設立する場合も、個人事業主として仕事を開業するにしても、銀行口座開設、郵便物の受け取り、名刺やホームページ上の住所の表記は必要になります。自宅の一室で業務が出来て、別途、諸経費をかけて事務所を借りる必要もない状況なら、自宅住所を登記してしまうのが一番楽なのですが、第三者に自宅住所を公表してしまう事になります。プライバシーは守りたいと思っている人に解決策になるのが、住所のみを利用するバーチャルオフィスです。物理的な場所を貸し出すレンタルオフィスやシェアオフィスとは違い、バーチャルオフィスは住所のみの利用になりますので、経費も格段に安く抑えられます。

起業初期の、最初の足掛かりとしての拠点として最適です。実際の事務所を借りるには、各種事務手続、引っ越し作業など時間と手間が掛かりますが、住所のみを利用させてもらうバーチャルオフィスは、短期間でオフィス契約が可能なため直ぐに仕事を開始できます。スピード開業したい人にとっても有効な選択肢の一つです。自分一人で仕事をしている時に困るのが、営業中や移動中の顧客からの電話や新規顧客の問い合わせです。

直ぐに対応できない事、連絡が取れない事が、そのまま信用を失ってしまうケースもありますが、電話受付代行や秘書サービスが付帯されているオフィスであれば信頼も失いません。また、名刺やホームページ上に記載されている住所が誰もが知っている一等地であれば、自宅住所を掲載しているより、集客効果や信頼効果も高くなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です