近年ではノマドワーカーといって、パソコンを1台持ってレンタルスペースなどを転々としながらビジネスを行っている起業家やフリーランサーが増えてきています。こういった人々はインターネット回線があればどこでも仕事ができるので、固定された事務所を持つ必要がありませんし、またそれを維持するためのコストも必要ありません。ただ、業種や取引形態によっては明確な事務所所在地を持ち、それを公にしなければならないこともあります。そんな時は、住所のみを借りられるサービスを利用することで、課題を解決することができます。

その解決手段となるのが、バーチャルオフィスと呼ばれるサービスです。バーチャルオフィスのバーチャルとは、バーチャルリアリティなどという言葉でも知られる通り「仮想の」という意味を持ちます。つまりバーチャルオフィスは、実際はどこで仕事をしているかに関係なく特定の場所に仮想のオフィスを設定し、その住所のみを借りることで対外的な事業拠点とすることができるというものです。もちろん、仮想といってもまったく実態のない住所というわけではありません。

その場所にはサービス提供者のオフィスがあり、実際にスタッフが働いています。したがって、住所のみを借りるとしてもそこに看板等を掲げることはできますし、郵便物等もきちんと届きます。不意の来訪者があった時でも、臨機応変に対応してもらえます。つまり、一種の秘書代行的なサービスとしても利用できることになります。

住所のみのバーチャルオフィスのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です