住所をレンタルするオフィスのことをバーチャルオフィスと呼びますが、一般的な貸事務所やレンタルオフィスなどと比べると格安料金で使えるメリットがあります。しかし、バーチャルオフィスは住所を借りるだけなので仕事場は別に作る必要があるので、わざわざ料金を払い住所を借りることには意味があるのだろうか、このように考える人も多いのではないでしょうか。最近は、レンタルオフィス事業を手掛けている会社がバーチャルオフィスのサービスを提供しているなど利用者はレンタルオフィスで使える貸し会議室などの空間を格安料金で使えるところもあるなど利便性が高くなっています。住所のみのレンタルなので利用する人は少ないイメージになりますが、会社設立に伴う本店の住所に使うことができるなどの場合は、都心の一等地で設立登記ができるメリットがあるわけです。

ただ、注意しなければならないことは法人登記で使えるサービスもあるけれども禁止されているケースがある点です。インターネットでバーチャルオフィスを探すと東京や大阪、名古屋など主要都市に多数のサービスを提供している会社が検索画面に表示されますが、最近の検索エンジンは現在地の情報を加味して検索を行うことからも、東京のオフィスで検索したときには東京都内で大阪のオフィスで検索したときには大阪府内のバーチャルオフィスが表示されるようになっています。料金相場も様々のようですが、月額500円などの金額で利用できるところも多くあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です