架空の事務所などの意味を持つバーチャルオフィスは、リアルオフィスの一つでもありレンタルオフィスのサービスを行っている会社がサービスを提供しているケースが多くあり、従来バーチャルオフィスを利用していたユーザーがレンタルオフィスに切り替えたり、その逆で利用することも少なくありません。架空の事務所などからも作業スペースはないので、料金もかなり安くなるイメージを持つ人は多いのではないでしょうか。料金相場としては月額1、000円前後でになりますが、これは住所のみをレンタルする場合の金額です。最近のバーチャルオフィスには住所のみだけなく、郵便物の転送サービスや電話代行、秘書代行や貸し会議室の提供などオプションを用意しているところも多くなっています。

付加価値があるサービスを用意しているバーチャルオフィスなどの場合は、料金が高くなるイメージがあるけれども、ネットで調べると思ったよりも掛からないなど、このように感じる人も多いといえます。色々なオプションプランを併用したとしても、都心の一等地で2~3万円が相場で利用することが可能です。この場合は、住所のみではなくリアルオフィスに近い機能を有したバーチャルオフィスになるので、自宅などを職場にしている人や働き方改革により従業員の大半は在宅にしていてオフィスを縮小するなどのケースで有効です。なお、法人登記は利用できるところとできないところがありますので利用する前に確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です