一口にバーチャルオフィスと言っても、料金や提供されるサービスには違いがあります。格安と呼ばれるサービスは月額数百円程度から利用できますが、住所のみが使えるケースが多いようです。住所だけでも問題ないケースでは、必要最低限のサービスを兼ね備えているところと契約するのが一番ですので、このようなバーチャルオフィスと契約を結びます。その住所の位置も一等地ではなく、都心から少し離れた場所になっています。

ビジネスを行う上で一等地のように信用度が高い場所でないと困るというのでなければ、都心から離れていても問題はないでしょう。月額5千円程度の料金を払うバーチャルオフィスになると、住所以外のサービスも利用できるようになります。例えば電話の応答や郵便物の受け取り、受け取った後の転送がそれにあたります。別途料金が発生する可能性があるのが貸会議室の利用であり、時間あたりの金額が決められていることが多いようです。

必要に応じて借りるだけですので、通常の使っていない時には特にお金がかかりません。1万円近くのコースでは秘書代行も行ってくれますし、中には総務や経理の業務を行ってくれるところもあります。料金の違いは、サービスの質の違いに直結しています。ですから格安という言葉に惑わされずに、必要なサービスが受けられるものを選ぶことが大切です。

ビジネスを行う上で必要なサービスがそろえられれば、通常のオフィスを構える場合とそん色のない活動ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です