わが国にはその場所にオフィスを構えることがステータスの確立につながるようなビジネスタウンがいくつか存在しますが、その中で近年存在感を増しているのが渋谷です。以前はポピュラー音楽やファッションなど、消費文化の街という印象が強かった渋谷ですが、現在では巨大なビジネスセンターとしての機能を担うようになっています。中でもIT関連の企業が、渋谷にオフィスを構えるケースが目立ちます。そんな渋谷で人気を集めているのが、レンタルオフィスと呼ばれる物件です。

これはいわゆる貸事務所なのですが、一般的な物件とは異なる特徴があります。使い勝手の良さだけでなく、経済性にも優れたオフィス物件として評判を得ています。レンタルオフィスが持つ最大の特徴は、入居する時点ですでに内装が整っているということです。電話やインターネットの回線工事は言うに及ばず、デスクやロッカーなども備え付けになっています。

したがって、オフィス立ち上げ時に必要となる工事費や備品費などを大幅に節減することができます。契約期間に柔軟性があるのも、レンタルオフィスにおける特徴の1つです。一般的なオフィス物件は2~3年程度の期間を定めて賃貸借契約を取り交わすのが基本となっていますが、レンタルオフィスの場合は1年・半年など契約期間にいろいろなパターンがあり、中には月単位で利用できる物件もあるほどです。そのため、期間限定の仮事務所などを設置したい時にも便利に使えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です