起業するに当たって大きな出費要素に、賃貸ビルがあります。まず最初に必要となるにも関わらずその費用は大きなものであり、かつ毎月出ていくのですから大変なものです。そこで、その需要を見込んでシェアハウスのようにいくつかの会社で共有出来る様にしたのがシェアオフィスです。コワーキングスペースに近いイメージですが、実際に登記に使える住所を出してくれるので本当にそこを住所にして起業する事が可能です。

東京はそういった人と需要が集まっているので、登記に使えるシェアオフィスが増えて行っています。利点としては費用が抑えられるばかりでなく、短期契約が簡単なので状況変化に強い事もあげられます。賃貸で行くとそこまでフットワークを軽くする事は難しいので、初めのうちどうなるか分からない時にだけでも使うのは悪くない施策でしょう。特に個人事業からの会社化など、あまり従業員のいない形態ならばその利点は大きくなります。

特に東京でパソコンを使って業務をこなしている人は多く、コワーキングスペースをよく利用していて馴染みがある場合などに、慣れ親しんだ形のシェアオフィスを使って起業してしまう人も多いのです。大きめの東京の駅の近くにはシェアオフィスが増えて来ていて、交通の便を考えても使いやすい上に賃貸より安く使えるという事で、人気になっています。パソコン一つあればこなせる業務などは、住所と郵便の受け取りが出来ればシェアオフィスの方が向いているのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です