オフィスを設ける際に、どこに拠点を設けるかは重要です。従業員が通いやすいことも大切ですし、予算もあるでしょう。最近は取引先やお客様が来ないので、豪華にしなくて作業スペースとして成り立てばよいという声もあります。作業だけするスペースなら、たしかにわざわざオフィス用に高い家賃を払って借りることはありません。

家賃分を他のことに使った方が経済的です。でも、ビジネスとして展開していくには住所は必要です。登記にも必要ですし、住所が表記されていないと不信感を与えてしまいます。そのため、オフィスは不要だけど住所は欲しい、できれば箔が付く場所がいいというニーズが高まっています。

それに応えるのが住所のレンタル、つまり借りることです。借りると言っても、そこに登記しても良い場合もあります。郵送物を受け取りを代行してくれる管理人のような人がいる場合も存在します。ですから、ただ借りるだけではなく、実際にビジネスとして活用できるという利便性もしっかりと備わっています。

これならいろいろな場面で、堂々と表示できますから仕事の幅も広がるでしょう。もちろん借りると言っても実際にそこにスペースを使うことではありませんから、コストも低く抑えることができます。実際の作業場所は自宅でも安い賃貸にすることもできますから、経費を抑えて事業を軌道に乗せることができます。まずはコストの無駄を省いて、本業に集中したいときにはおすすめの方法の1つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です